「管財事件」の記事一覧

スマートフォンのゲーム課金で500万円の借金を負ったが、自己破産により借金がゼロ円となった事例

事例 管財事件 自己破産

紛争の内容 ご依頼者様(以下、Aさん)は、趣味のスマートフォンのゲームにのめり込み、すこしずつ課金をしましたが、気づいたら借金が500万円になっていました。親から借り入れる等しましたが、返済が間に合わず、とうとう全く返せ・・・

受任通知発送後に勤務先からの借入れを行い給与天引きでの返済を行っていたケース(管財人側)

事例 管財事件

事案の概要 以前に司法書士に破産手続申立てを依頼し、受任通知を発送してもらったが、その後、転居するなどして処理が滞っていた、転居先での生活が安定してきたため、別の司法書士に依頼し破産手続申立てに至ったという事案について、・・・

個人(タクシー会社勤務のドライバー)の自己破産(自家用自動車の放棄、債務名義を有する財団所属財産の回収、免責についての意見)

事例 管財事件 自己破産

交渉・調停・訴訟などの経過 管財人選任、債務者宛の債権回収行為、第1回報告集会における放棄許可、コロナ禍における特徴的事件(申立て後の、公的貸付制度の利用の当否) 本事例の結末 1 債務名義を有する財団所属債権の回収  ・・・

債務額2000万円の自己破産事件

事例 管財事件 自己破産

紛争の内容 依頼者であるAさんは、脱サラをし退職金と借入金を使って家族で洋食屋を開店しました。しかし、開業後1年ほどで経営が上手くいかなくなってしまい、生活費を借り入れる生活になってしまいました。Aさんには開業資金の借入・・・

偏頗弁済や住宅ローンがある方で、当初再生で受任していたものの、後に破産手続に切り替え、免責が認められた事案

事例 管財事件 自己破産

事案の内容  転職や離婚などのため借入れをせざるを得なくなり、これが返済できなくなったため、当事務所にご相談にいらっしゃいました。  当初は、ご自宅を残したいということで個人再生を検討しておりましたが、税金の滞納があった・・・

ページの先頭へ