「管財事件」の記事一覧

従業員の退職や裏切り等により事業が立ち行かなくなり、廃業後に代表者が個人での清算を試みたが、返済が収入の範囲を超えたため、破産手続申立がなされたケース(管財人側)

管財事件 解決事例

事案の概要 務めていた会社から独立し地盤調査を行う会社を立ち上げたが、従業員が相次いで退職したことにより業務が回らず新規受注が困難となり、別途、従業員の横領行為が発覚する等して事業の継続が困難となった、警察に相談をしたが・・・

配偶者のギャンブル依存症による借り入れが後日発覚し、返済を継続してきたが定年により収入が半減し夫婦で破産手続申立をしたケース

管財事件 自己破産 解決事例

依頼内容 結婚後しばらくして配偶者がギャンブル依存症となり、他方の配偶者に秘して、場合によっては配偶者名義のクレジットカード等からの借入れを行っていた、後日それが判明し、依存症の治療と並行して自宅を任意売却する等で返済を・・・

破産管財人弁護士野田が、内装工事を請け負う会社の法人破産において、管財業務を行った事例。

管財事件 解決事例

主な管財業務の内容 内装工事を請け負う会社でした。 事業自体もそれほど良い状況ではありませんでしたが、新型コロナウイルス感染症のまん延により工事が減少したことから負債が増大し、破産手続の申し立てに至りました。 本事例の結・・・

破産管財人弁護士野田が、内装工事を請け負う会社の法人破産において、管財業務を行った事例。

管財事件 解決事例

主な管財業務の内容 内装工事を請け負う会社でした。 事業自体もそれほど良い状況ではありませんでしたが、新型コロナウイルス感染症のまん延により工事が減少したことから負債が増大し、破産手続の申し立てに至りました。 なお、破産・・・

個人事業主をしていた時代に抱えた債務の返済が困難となり、廃業後に破産手続申立てがなされケース(管財人側)

管財事件 解決事例

事案の概要 以前まで自動車関係の個人事業を営んでいたが、顧客離れ等により採算が取れなくなったため債務を残して廃業し、その後の収入から返済をしていこうと試みたが、それも難しく破産手続申立てに至ったという事案について破産管財・・・

ページの先頭へ

  • お問い合わせ
電話で相談予約 メールで相談予約 LINEで相談予約
  • お問い合わせ
電話で相談予約 メールで相談予約 LINEで相談予約