「自己破産」多くの人は、自分の一生で「破産」とは無縁だと考えていることと思います。

 もちろん、破産手続を検討するような場面に遭遇しないでいられるのであれば、それに越したことはありません。
ですが、破産手続をとる方が借金を増やした原因は、病気、勤務先の倒産、転職、住宅ローン、経営している会社の倒産、他人の債務の保証等、誰にでも起こり得ることです。
まじめに生活していても、破産手続を選ばざるを得ない場合もあるのです。
また、過去に、ギャンブルや飲酒等で、借金を増やした方もいると思います。
こうした方々には勿論反省して頂く必要はありますが、破産手続という法が定めた手続をとることで債権者にかける迷惑を減らし、きちんと反省することで、借金を免れる「免責」の許可を得られることがあります。

破産法という法律は、そうした破産・免責手続申立てを選択する方たちの経済的再生を助けるという側面もあります。

グリーンリーフ法律事務所は、借金・カードローン・クレジット・リボ払いでお悩みの方々の経済的再生のお力になることができます。

借金・カードローン・クレジット・リボ払いで自己破産をお考えの個人の方、自己破産の無料相談を行っています。
お気軽にご相談ください。

業務再開のお知らせ

5月8日(金)から、当事務所の業務を一部再開し、平日の午前、午後、ナイター、土曜日の相談を行っています(日曜日については相談を休止しています)。
また、コロナウィルスに対する下記の安全対策を行っております。ご不便をおかけして大変恐縮ですが、ご理解のほど、よろしくお願い申しあげます。

【安全対策】
■ 弁護士は、相談時にマスクを着用します。
   ※ ご相談者様についても、できるだけマスクの着用をお願い致します。
■ 現金のやり取りは受け皿で行い、現金をやり取りした後は、スタッフは適宜手洗いします。
■ ご相談者様に相談室の部屋番号をお知らせし、相談室までのご案内はいたしません。
   ※ 接触をできるだけ避けるためという趣旨ですので、ご理解のほど、お願い致します。
■ 各相談室に飛沫防止パーテーションを設置いたしました。
■ 現在ご相談時にお茶はお出ししておりません。
   ※ 容器へのコロナウイルスの付着の可能性を排除するために、ご理解のほど、お願い致します。
■ ご相談後には、机、椅子をアルコールで拭く等、除菌を頻繁に行います。
■ ご相談者様が1名の場合は、弁護士はご相談者様と対角に座ります。
■ ほかにご相談者がいないなど、ご相談者様のプライバシーに配慮する必要がないときは、相談室のドアを開けた状態にします。
■ 事務所内では、所員全員がマスクを着用します。
■ ご希望の方には、オンライン相談を行います。

法律相談
0120-25-4631

自己破産の原因

破産・免責手続の申立てをする原因は様々ですが、多くは、次のような理由で借金を増やしてしまった方々です。

・病気による収入低下
・勤務先の倒産による解雇
・転職による収入低下
・住宅ローンの負担が過大となった
・経営している会社の倒産
・他人の債務の保証
・ギャンブル・飲酒等の遊興

借金・カードローン・クレジット・リボ払いで自己破産をお考えの個人の方、自己破産の無料相談を行っています。
お気軽にご相談ください。

※ 法テラスを使っての自己破産のご相談・ご依頼は、現在、受け付けておりません。大変恐縮ですが、よろしく申し上げます。

法律相談
0120-25-4631