代表・弁護士 森田 茂夫(埼玉弁護士会所属)

■経歴
昭和29年4月 東京都生まれ
昭和55年3月 早稲田大学法学部卒業
昭和59年4月 弁護士登録

■著書
「誰にも分かる借地借家の手引き」(共著、新日本法規出版)、「決定版原状回復・その考え方とトラブル対処法」(著者、にじゅういち出版)、「一般定期借地権実用契約書式集」(著者代表、資産総合研究所)、「倒産処理・清算の法律相談」(共著、青林書院)、「リース・クレジットの法律相談」(共著、青林書院)、「民事時効の法律と実務」(共著、ぎょうせい)、その他

■論文
「相続税の負担減少を目的とした養子縁組の効力とその対応策」(税理第44巻第6号)、「マンションの専有部分の競売請求」(月間不動産フォーラム21・2009年6月号)、「立退料の算定方法と授受をめぐる法務と税務」(税理第52号第7号)、「中小企業における株主総会の開催手続と決議事項」(税理2010年4月号)、「事業承継と遺留分」(月間不動産フォーラム21・2009年1月号)、その他多数

■役職
さいたま地方法務局筆界調査委員
大宮簡易裁判所調停委員
幸手市情報公開審議員

■ご挨拶
 債務整理には、借金を圧縮して分割払いで返済し、その結果、家を守ることができる個人再生という手続きと、借金をゼロにし、経済的に再出発をする破産という手続きがあります。また、高利の借金を長年返済してきた場合に、過払い金の返還を求めることができる場合もあります。
 法律事務所の中には、弁護士が、ご相談者、ご依頼者と会うことがほとんどないというところもありますが、このようなことでは、適切な法的手続ができるとは思えません。当事務所では、弁護士がご相談者とお会いし、また、ほとんどの打合わせにも同席し、最善と思われる方法を提案させていただきます。また、当事務所では、ご相談者、ご依頼者の方に対して、ていねいで分かりやすい対応を行うこと、弁士費用を明示することを常に心がけています。借金問題でお困りの方は、ぜひご相談にいらしてください。

弁護士 榎本 誉(埼玉弁護士会所属)

203

■経歴
昭和37年11月 埼玉県生まれ
昭和60年 3月 法政大学法学部卒業
平成12年 4月 弁護士登録

■ご挨拶
 弁護士に相談したり、裁判を起こしたり起こされたりするのは、人生で初めての経験の方がほとんどなのだということを、今更ですが実感しています。親切、丁寧な対応を心がけております。弁護士にちょっと話を聞いてもらおうかというスタンスで、ご用命ください。
また、遠方の裁判所・交渉相手への出張もいといませんので、ご遠慮なくご相談ください。

弁護士 田中 智美(埼玉弁護士会所属)

203

■経歴
昭和54年 8月 福島県生まれ
平成14年 3月 早稲田大学第一文学部卒業
平成20年10月 弁護士登録

■役職
埼玉弁護士会示談あっせんセンター運営委員会委員



 
 
■ご挨拶
 「返済しても返済しても借金が減らない」、「来月は引き落としがかからないかもしれない。どうしよう」・・・最初は順調に返済できていた借金が、いつの間にか家計を圧迫し、次第に生活が苦しくなってしまう。借金を抱えている方にはよくある悩みです。しかしながら、借りたものは返さないといけないとばかりにギリギリまで頑張ってしまうと、心身ともに疲弊するばかりでなく、生活再建の機会まで逃すことになるかもしれません。
 返済が苦しいと感じたら、早めに私達弁護士にご相談下さい。
 当事務所はこれまで、地域密着をモットーに、埼玉県内で多数の破産申立・個人再生申立を手掛けてきました。豊富な経験をもとに、一人ひとりの経済状況・生活状況に合った債務整理の方法をご案内致します。
 自宅や車はどうなるのか、銀行の口座は使い続けることができるのか、電気・ガス・水道料金の支払いはどうすればよいのか等々、手続きを進めるうえで関連する諸々の事項についてもアドバイス致しますので、一人で抱え込まず、まずはお気軽にお声掛け下さい。

弁護士 野田 泰彦(埼玉弁護士会所属)

203

■経歴
平成16年 3月 大阪大学法学部卒業
平成20年 3月 九州大学法科大学院卒業
平成21年12月 弁護士登録

■役職
埼玉弁護士会企画広報委員会 副委員長
埼玉弁護士会労働問題対策委員会委員
埼玉弁護士会犯罪被害者支援委員会委員
埼玉弁護士会国際交流委員会委員
埼玉弁護士会平成28年度常議員

■ご挨拶
債務整理、つまり、借金の整理と聞いてみなさんは何を思い浮かべますか?
サラ金からの取りたて?離婚?競売?自己破産が戸籍に載る?
良くないイメージが出てくる方が多いのではないかと思います。
たしかに、浪費、ギャンブル等による借金は望ましくありませんし、財産隠しや詐欺的な借り入れ等が許されないことは言うまでもありません。

しかし、借金の整理をする上での基本法とも言うべき破産法は、その第1条で、債権者等への利害調整、債務者財産の公平な清算とともに、「債務者について経済生活の再生の機会の確保を図ること」を目的として定めています。また、個人再生を定める民事再生法第1条はより進んで、「債務者の経済生活の再生を図ること」を目的とする、と定めています。
このように、裁判所を利用する借金の整理の手続は、債務者の経済的再生を手続の目的の一つとしており、借金の整理に際して、悪いイメージを抱く必要は全くないのです。

誰しも、借金に苦しむ可能性があります。
当事務所、そして、私は、借金に苦しんでいる方が、経済的な再生を真剣に考えているのであれば、全力でお力になりたいと考えております。
破産管財人や個人再生委員としての経験も踏まえ、皆様と一緒に、借金の整理の方法を考えていきたいと思っています。
ぜひ、ご相談にお越し下さい。

弁護士 相川 一ゑ(埼玉弁護士会所属)

250

■経歴
昭和58年 9月 埼玉県生まれ
平成18年 3月 学習院大学法学部法学科卒業
平成20年 3月 学習院大学法科大学院既習コース卒業
平成21年12月 弁護士登録

■役職
埼玉弁護士会子どもの権利委員会委員
埼玉弁護士会両性の平等委員会委員
児童自立支援施設埼玉学園苦情解決第三者委員

■ご挨拶
債務整理と一口に言っても、その内容は大きく分けて①任意整理、②再生手続、③破産手続と、複数の手段がございます。
現在ある債務の問題を解決しようとする場合に、具体的にこれらの複数ある手続の中でどの方法が一番望ましいのかをご自身だけでお決めになることは、とても難しいと思います。
当事務所は、複数ある債務整理の方法の中で、相談にいらした方にとって一番望ましいのがどのような手続で、どのようにすればその手続がスムーズに進められるかも含めて、法律的なアドバイスをさせていただくことを第一に考えています。
「まだ弁護士に依頼するほどではないかもしれないけど・・・」という段階でのご相談でも構いません。ご自身にどのような手続が残されていて、どの手続をするのが一番良いのか、まずは一度、ご相談頂きたいと思います。

弁護士 眞中 忠治(埼玉弁護士会所属)

203

■経歴
昭和54年 6月 茨城県生まれ
平成10年 3月 中央大学法学部卒業
平成22年 3月 関東学院大学法科大学院卒業
平成23年12月 弁護士登録

■役職
埼玉弁護士会労働問題対策委員会委員
消費者問題対策委員会委員

 
 
■ご挨拶
 入所以来、任意整理、破産、個人再生といった債務整理事件を数多く取り扱ってきました。ご相談者様の状況に応じた適切な債務整理の方針をご提案できるかと思いますので、借入などの悩み事がございましたら、ぜひ一度ご気軽に幣事務所にご相談ください。

弁護士 申 景秀(埼玉弁護士会所属)

203

■経歴
平成23年 3月 獨協大学法科大学院卒業
平成24年12月 弁護士法人グリーンリーフ法律事務所入所

■役職
埼玉弁護士会司法問題対策委員会副委員長
埼玉弁護士会国際交流委員会委員
埼玉弁護士会人権委員会委員

■資格等
・平成23年度新司法試験刑事系科目2位
・韓国語能力試験6級(最上級)
・日本プロ野球選手会公認選手代理人

■講演実績等
・公益通報者制度に関する講演
・高校生模擬裁判の指導
・中学生模擬裁判の指導
・民法改正に関する講演 等

■ご挨拶
 自己破産や個人再生は、借金を返済できなくなった場合に、生活の立て直しをすることができる最後の手段です。法律で認められている手段ですので、積極的に活用し、生活を立て直していただきたいと思います。そして、ご本人の頑張りと、きちんとした弁護士がサポートをすれば、借金問題は解決できると考えています。当事務所は、長年の経験とノウハウがあり、債務整理に関してはトップレベルであると自負しています。生活の立て直しができるよう、お手伝いをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

弁護士 吉田 竜二(埼玉弁護士会所属)

203

■経歴
平成21年 3月 中央大学法学部卒業
平成24年 3月 明治大学法科大学院卒業
平成26年 3月 弁護士登録

■役職
埼玉弁護士労働問題対策委員会委員
消費者問題対策委員会委員
埼玉弁護士会貧困問題対策本部委員
高齢者・障害者権利擁護センター所属

■ご挨拶
 債務が膨らんでしまった原因は事案ごとに千差万別であり、債務整理という括りの中には破産や個人再生といった複数のメニューが存在します。債務整理は経済的な再出発を目的とするものですが、適切な再出発をするためには、債務の多寡、債務の原因、家族構成、家計の状況等を総合的に判断し、当該事案に合致するメニューを選択する必要があります。
 債務整理には抵抗があるという方が少なからずいらっしゃるかと思いますが、法律上の制度として存在するものですので、先の見えない状況から脱却するためには積極的に活用すべきと考えます。メニューごとのメリット・デメリットの説明を前提に、皆様に最適なメニューを提案させていただくことを考えておりますので、お悩みの場合にはぜひ一度ご相談ください。

弁護士 村本 拓哉(埼玉弁護士会所属)

P1180166○
■経歴
平成23年 3月  中央大学法学部卒業
平成25年 3月  首都大学東京法科大学院卒業
平成26年 12月 弁護士登録

■役職
弁護士業務妨害対策委員会委員



■ご挨拶
私は、債務整理事件を進めるにあたって、次のことを心がけております。
①依頼者の方になぜ、どのぐらいの金額の借金ができてしまったのかを確認し、債務整理によって返済をすることができる見込みや、破産による負債の免責を受けるために支障が無いかを、第三者的な立場で検討する。
②個人再生事件においては、ご依頼者の方が所有している財産と同じ金額を債権者に返済しないといけないため、借りている土地の借地権の金額や退職間際のお勤めの方がまだ支給を受けていない退職金の額など、評価方法が広く一般に知られていない財産の金額の評価に注意する。
③自己破産や個人再生において禁じられている、借金を返済できなくなった時点以降の財産処分や一部の債権者に対する返済を、依頼者の方が行わないように助言し、また、過去にそのような行為が無いかを確認し、依頼者が破産による負債の免責を受けられなくなったり、過去の財産処分や返済を破産管財人によって取り消されたり、個人再生による返済ができなくなることがないように注意する。
④①~③のような法律上の問題点を、わかりやすい言葉で依頼者に説明する。
以上のことを心がけて事件を処理しておりますので、借金でお困りの方は、ぜひご相談をいただけますと幸いです。

弁護士 小野塚 直毅(埼玉弁護士会所属)

onoduka
■経歴
平成23年3月 学習院大学法学部法学科卒業
平成25年3月 上智大学法科大学院修了
平成27年12月 弁護士登録

■役職
埼玉弁護士会 企画広報委員会 委員
埼玉弁護士会 マスコミ対応PT 座長
埼玉弁護士会 広報PT 部員
埼玉弁護士会 民事介入暴力対策委員会 委員
 
■資格
裁判所職員(家庭裁判所調査官補)採用試験合格
行政書士試験合格

■ご挨拶
 債務整理のお悩みは、ご本人にとって大変辛いものであると思います。ご本人の立場で一緒に考え、その方の人生を少しでも良い方向へ持っていけるよう助力することこそ、弁護士の責務だと考えております。
 人生の再出発をお手伝いできるよう、誠意をもって精一杯取り組ませていただきますので、是非お気軽にご相談ください。

弁護士 時田 剛志(埼玉弁護士会所属)

tokita■経歴
平成23年 3月 國學院大學法学部卒業
平成26年 3月 明治大学法科大学院修了
平成27年12月 弁護士登録
■役職
埼玉弁護士会 子どもの権利委員会 委員
埼玉弁護士会 労働問題対策委員会 委員
埼玉弁護士会 公害対策環境保全委員会 委員
埼玉弁護士会 調査局委員会 委員
NPO法人子どもセンター・ピッピ 正会員兼事務局

■外部講演・メディア出演
【出演】平成29年11月~ REDS WAVE 87.3FM「身近な法律相談」
【講演】平成29年11月 宮代町立百間中学校「いじめ撲滅強化集会」など

■ご挨拶
 ご覧の皆様の中には、ご心労がおありの方もおられると思います。どんなに小さなお悩みでも、決してお一人で抱え込まず、まずはお気軽に弁護士にご相談ください。また、プライバシーを厳守いたしますので、その点ご安心下さい。
 弁護士は、皆様のお悩みを法的に解決するための存在です。私は、皆様のご期待に応えられるよう、「分かりやすく丁寧な説明」と「適切な解決策の提案」を心がけております。皆様のご相談をお待ちしております。

弁護士 池田 味佐(埼玉弁護士会所属)

ikeda

■経歴
平成22年 3月 獨協大学法学部法律学科卒業
平成28年 3月 獨協大学法科大学院修了
平成29年 12月 弁護士登録

■役職
消費者問題対策委員会
子どもの権利委員会
両性の平等委員会
草加市の行政不服審査委員会・個人情報保護審査会の委員
日弁連付添人実現本部の委員

■ご挨拶
 債務整理、破産って生活できなくなってしまうのではないか。選挙権とかもなくなってしまうのではないか、債務整理なんて恥ずかしい。。。などと思っておりませんか。
 債務整理(破産・民事再生)は恥ずかしいものではありません。返せないほど借入れをしてしまった原因を見返し、今後の生活を変化させる必要はありますが、債務整理は、法的にやり直しのチャンスを与えてくれるものです。
債務をなくして一から生活をやり直したい。債務を少なくしてきちんと自分の生活を立て直したい。その思いがあれば債務整理は生きていくために活用すべき有効な手段の一つではないでしょうか。
 債務整理の方法についてどの手段が適切かは、その方の事情により様々です。まずは、ご相談ください。

弁護士 赤木 誠治(埼玉弁護士会所属)

akaki

■経歴
平成27年 3月 早稲田大学法学部 卒業
平成29年 3月 慶應義塾大学法科大学院 修了
平成30年12月 弁護士登録
埼玉弁護士会所属
■ご挨拶
どんなに頑張っても借金が減らない、むしろ、どんどん増えていくという悩みを抱えながら生活していると、単なるお金の問題にとどまらず、仕事や人間関係など様々な方面で悪い影響が出てしまいます。
自己破産や個人再生、任意整理といった言葉に良いイメージをお持ちでない方もいらっしゃると思いますが、これらの方法は現在の生活を立て直すチャンスを与えてくれるものですので、問題がより深刻になる前に是非とも活用していただければと思います。
ご相談の際には、債務整理の手続きについてわかりやすく説明することを心掛けたいと考えております。また、これまでの生活を振り返り、借金の原因を見つけ、再び同じような事態を引き起こさないようにするためのお手伝いをさせていただければと思います。お気軽にご相談ください。